スポンサードリンク

赤ちゃんの泣く理由や原因?いつまでなのという母を助けたバス運転手

赤ちゃんの泣く理由や原因?

いつまでなのという母を助けたバス運転手

バスでの運転手の行動が感動を呼びツイッターで拡散

aka1

バスの車内で泣き始めた赤ちゃんを

泣きやますことができずにお母さんがほとほと

困っていたところ・・・・・

 

バスの中で他のお客さんがどのような

気持ちだったかはわからないですよね・・・

 

しかし・・・・最近の赤ちゃんの泣き声や

子供の声を騒音とする社会の冷たさを

感じているお母さんたちは泣き止まない

赤ちゃんを見ていて

自分が泣きたかったことでしょうね・・・

 

その時乗り合わせていたお客さんから

もしかすると冷たい視線を受けていた

かもしれません。

 

お母さんと一緒にいた友達が必死に

赤ちゃんをあやしていたようですね。

 

しかし・・・・なきやまない・・・・

 

お母さんのあせりはきっと周りにも

痛いぐらいに伝わったことでしょう・・

 

aka2

 

その時突然!!!車内アナウンスが流れた

んです。

 

「お母さん、大丈夫ですよ。赤ちゃんですから

気になさらないでください。きっと眠いか

おなかがすいているか、おむつが気持ち悪いか

暑いといったところでしょうか」と・・・・・

 

 

明るい口調でミラー越しに語りかけたのは

運転手歴20年のベテランのバスの運転手さん

だったそうです。

 

バスの運転手さんはお母さんが周りに

迷惑をかけないようになんとかしたい!と

いう気持ちがひしひし伝わってきたといいます。

 

もし、このままだったら今後公共機関を

使うのをやめようと思ってしまうのでは?

と考えたようですね。

 

その時の様子がツイッターで瞬く間に

拡散をされて感動を呼んでいます。

 

スポンサードリンク

 

世の中には確かにしつけをちゃんとでき

ていない親も多くいますが・・・・

 

赤ちゃんや子供というのはまだまだ

公共の場というのがどういうものか

わかっていないものです。

 

赤ちゃんはもちろんのこと子供だって

ぐずるときはあります。

 

大きな心で受け止めてあげる気持ちを

世の中の多くの人が持つことができれば

きっと少子化の世の中も少しは良くなるのでは

ないでしょうか。

 

ラッシュ時には子供を連れて乗せるな!や

子供に対して厳しい考えを持った人が多く

いるように感じますが・・・・・

 

幼い子供を育てているお母さんも毎日

てんてこまいになっています。

 

そんな時に世の中の人に少しでも優しい

気持ちを見せてもらったらきっと

虐待などの悲しい事件も減るのかもしれませんね。

 

マタハラといったマタニティ(妊娠)の女性に

対する嫌がらせもあるという世の中・・・・

 

子供がお腹にいる時というのは

自分の体が自分の体ではないような

感覚になり心まで不安になるものです。

 

もし男性が優しさをもてないのであったら

外国でも実施されている同じ重さの

荷物を嫁が妊娠中にずっと抱えて生活するという

のも同じ気持ちが味わえていいのかもしれませんね。

 

aka3

 

困った時に助けてほしいと思っても

自分が助けるときに何か・誰かを助けて

いないと手を差し伸べてくれる人もいないかも

しれません。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ